稽古場日記

今日の演劇部を実況中継!!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
気づくかな〜?
120903_1853~01.jpg
数日前から私は、とあるものを部室に置いています。
未だに誰からもツッコミがこないので、どうやら誰も気付いていないようです。(もしかしたら、わかっていてあえてツッコンでいない人もいるかもしれませんが。)

何を置いているのかというと、ずばり!空の写真です。それも、入道雲がある夏の空。何故、夏の空の写真なのかといいますと、それは、今回のお芝居の舞台(?)が、夏の真っ只中だからです。


しかし、もうそろそろ、入道雲も消えかかっていて、どうせ撮るならもう少し早く撮るべきだったなーと、思いつつ。

果して部員達は、これに気づくのか!?

さぁ、どうでしょう(笑)
19:07 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(0) | trackbacks(0)| - |
no title
『責任感に目覚めると、人は成長する。』ってトイレに書いてあったけど、まさにその通りだと思うんだよね。トイレだって、いいこというんだね。
21:29 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(2) | trackbacks(0)| - |
今日の日記
今日もいつも通り練習をしました。
藤代先輩が不在でしたが練習をしました。
調べ物を午後からしましたが、天気がなぜか夏並みに暑かったです。
ここ最近の天気は、よくわかりません
21:32 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(0) | trackbacks(0)| - |
男に生まれたかったな〜
でも、女の子に生まれてなかったらまっちゃを演じることもなかったし伊丹西のまっちゃさんたちや神戸高校のユッコさん達と仲良くもなれなかったかもしれないしetc…
と、考えるとやっぱり女の子で良かったのか。
と、朝っぱらからノーテンキなやつです(笑)
08:27 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(0) | trackbacks(0)| - |
これは、なんでしょう?
IMAG0002.jpg
S字フックですよこれは。百均の四個入りのうちのひとつなのですよ。
今回の小道具として使おうと昨日、買ってきたばかりで、とゆうことは、当然ながらこれは昨日まで部室になかったわけです。
そして、私は今日このS字フックを舞台道具に4つも引っかけたわけなのですが…
部員達は、この突如現れたS字フックにまったく疑問を感じていない様子…
舞台道具からS字フックが突如にょきにょき生えてきたとでも思ってんのでしょうか(汗)
空の写真のような運命をこのS字フックくん達は、たどってしまうのか!?
はてさて。
ちなみに空の写真は、私からネタばらししてしまいましたとさ(笑)
23:33 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(0) | trackbacks(0)| - |
no title
夢というのは、身体と心の異常などを知らせてくれるのだそうな。

部室(なぜか青空部室)でスズメバチに首筋を刺され、なんの衝撃もないままパタリと倒れる夢はいったい何を警告してるのだろうか。
ちなみに部員達はスズメバチをあんまり怖がってないという夢仕様。これは…いったい…
07:26 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(0) | trackbacks(0)| - |
no title
空気が分かるってのは、凄く重要なんだと思う。
目に見えて分かってしまうんだよね、境目が。
空間の切れ目というか、そういうのが目に見えて分かってしまう。
友達達の空気空間の中に自分が居ないというのは、凄く辛いことだと実感してしまう。
だから改めて思うんだよね。
いかに「自分が甘ったれ」かが。

まだ自分は高校生。まだ道はあるんだし、修正もきく。今の自分を来年の自分が見て、「懐かしい情けない」姿でなくてはならない。
今どきの子達は、その自分からみても、甘ったれが多い。いったいどれ程の子が気づくのだろうか。


となんか今日思ってしまった。太股痛ぇwwww
00:28 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(1) | trackbacks(0)| - |
人生初の一着
小学生の頃、足が遅くてかけっこは、いつもビリだった。そんな私にとって、一位でゴールしてゴールテープを切ることは、夢のまた夢だった。
しかしなんと、今日その夢が叶ったのだ。
今日は、実高で体育祭があり、私はある競技に出場し、見事に一位でゴールテープを切った。そのある競技とは…

その名も『早食い競争』である。缶の炭酸を一本飲みほしたり、口でパンをとったり、などをしたわけなのである。
長年の夢が叶ったのは良いけれど『早食い競争』で一位というのは、女子としてはなんとも色気もへたっくれもない話である(笑)
23:34 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(0) | trackbacks(0)| - |
このままで本当にいいのか?
Eテレで放送された『青春舞台2012』を見た。
そこに出ている彼らは皆輝いていた。眩しかった。
と言っても演技が上手いから輝いて見えたわけじゃない。(もちろん、全国から選らばれた上位12校であるから当然ながらどこの高校も演技がすごく上手いのだが。)
彼らは、舞台に向かって一直線で燃えていた。まさに、全身全霊で舞台に向きあっていた。そんな姿がすごく美しいと感じたのだ。
その姿を見て、自分も燃えなければと。
ただうらやましがって指をくわえて見ているだけでいいのか。いや、ちがう。
今からでもいい、彼らのように全力でお芝居と向きあってやる!そう決意したのだ。
23:44 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(2) | trackbacks(0)| - |
こだわりの…?
テスト終了後、部室にて、部員達を待ちつつ小道具製作。
これが結構楽しい。こうやって小道具を作っていると、細かいところまでこだわりたくなる。しかし、同じものをいくつか作らなければならないので、あんまり1つに時間をかけすぎるわけにはいかないのが残念。

完成品の出来映えは…あえて言わないでおこう(笑)
12:12 | いつかの、夏。(2012年大会シーズン) | comments(0) | trackbacks(0)| - |